電子書籍リーダー、専用端末

AmazonのKindleが多い

電子書籍リーダーは、AmazonのKindleがシェアの大半を占めています。iPadも、それなりのユーザーがありますが、電子書籍専門リーダーではないので、カウントすべきかどうか微妙なところです。

日本の電子書籍専門リーダー

日本の会社の電子書籍専門リーダーは、楽天Koboがあります。楽天Koboは、楽天ポイントや割引が使えるので、AmazonのKindleより安いことが多く、根強い人気があります。Sony Readerは、一時期かなりのシェアを獲得しましたが、現在はサービス休止となっています。 eBookJapanにも専用のリーダーがあります。

kindle
AmazonのKindleは、機首がたくさん発売されています。

比較

Kindle Kobo
メリットとデメリット 大きなコンテンツの量です。また、液晶画面より読みやすいメリットがあります。 ポイント還元や楽天ポイントが使えるので楽天ユーザーにはお得といえます。
バッテリー 1ヶ月から8週間 最大1ヶ月
重さ 300g 185g
モニター モノクロ電子ペーパー(Kindle Fireという液晶機種もあり) モノクロ電子ペーパー
ネット接続 可能だがあまり実用的ではない。 Wi-Fi接続

このカテゴリーの記事

当サイトについて

サイト情報

更新情報

Page Top ↑
電子書籍リーダー、専用端末に関するまとめのページです。
電子書籍、電子コミックのまとめのトップページへ戻ります。
Copyright (C) All Rights Reserved.